女性のためのバリューブログ

「女性活躍社会」険しい道のり 職場の子育てサポート不十分

2015.1.9
政府は経済成長につなげようと、女性の管理職を増やすとしていますが、反応は鈍いようです。
福井新聞より(2014年12月12日午前9時30分)

女性活躍社会の推進-実際の反応は?

政府は経済成長につなげようと、女性の管理職を増やすとしていますが、反応は鈍いようです。
寿退社という表現がありますが、憧れる女性はまだまだ多いのでしょうか?
確かにおめでたい言葉ですが、というよりも、結婚または出産を機に、仕事を辞めざるを得ない状況に追い込まれたり、職場のサポート態勢が十分でなかったり…という方が正しいのではないでしょうか。

何かをあきらめるしかない女性たち

しかしながら、子供をもっても働く女性が多いことからも伺えるように、旦那さんのお給料だけで生活していくのは難しいですよね。
家庭とも両立しながら、いざ、仕事を始めよう!と思ったとき。
正社員でしっかり働きたいですよね。でも…結婚前と、同じ条件・待遇で働けますか?

◆「夫の給料は多くないので、私も働かなくちゃいけない。時間の融通がきく職場は、ここしかなかった。仕事の合間に家事をこなす日々。睡眠時間は毎日5時間。」

◆「今の世の中、女性が活躍するには限界を超えて頑張るか、何かをあきらめるしかない。仕事は好きで、できるなら正社員のまま能力を高めたいと思ってましたが、子育てがあるため出産後はパートを選ぶしかなかった。販売業の夫の帰宅は遅く、義父母の家も遠い。」

「望めば正社員になれる部署にいても、周りの正社員は皆、残業しており自分だけ「できない」とは言えない。正社員になれば就学前までの勤務時間短縮制度もある。しかし、夫や義父母の支えがない私には不十分で、パートの道しかないんです。」

う~ん(=_=)。共感してくれる女性は多いのではないでしょうか。

弊社の考え方

弊社では、ライフスタイルに合わせて一人ひとりに合わせた働き方を大事にしてもらっています。みんなが残っているから帰りづらい、有給が取りにくい、体調が悪いけど、無理してでも会社に行かなきゃ…といったこともありません☆彡
早く帰りー!休みなさーい!病院行ってきー!そんな声がとんできます(^_^;)

子育てや家事をこなしながらも働く、そんな輝く女性たちの活躍を応援しています。


女性が「働くこと、自身のキャリアについてどのように考えているのか」についてもう一度きちんと向き合い、今ある制度・現状で本当にそれに対応できるのか、ということを企業側が改めて見直す。そして必要であれば制度の見直しを図り、推進していくとともに、キャリアアップを望む女性側も、男性と対等の立場になって働くことへの意識、責任感をしっかり持つことが大切ですね。

「人生のターニングポイントを機に一度は仕事を離れたけど、また正社員で働きたい!!」
弊社では転職を希望される求職者の方に対しても、しっかりとその考えをヒアリングし、ピッタリのお仕事がご紹介できるよう全力でサポートしていきます!
家庭も仕事も充実した、そんな輝く女性がどんどん増えるといいですね。
女性が当たり前に活躍する社会が、1日も早く来ることを願います(^^)