女性のためのバリューブログ

潜在保育士にとっての新しい活躍のフィールド

2015.5.26
他社のサービスになりますが、株式会社カラーズさんが提供している「キッズライン」の紹介。
不足している保育の現場を、保育園とは違う形で提供し、且つ利用者が安心して利用出来るように新しい仕組みに取り組んでいるということで話しを聞いてきました。

キッズラインとは

キッズライン
東京都内を対象とした保護者とベビーシッター(サポーター)のマッチングサービスです。サポーターはキッズラインが一人ひとり面談を行った信頼のおける方だけですので安心してご利用頂けます。
サービス範囲は、送迎や病児保育など比較的短時間のものから幅広く様々なニーズにも対応しています。


ベビーシッターのマッチングサービスは今までも存在していますが、個人対個人を結びつけることでのリスクに関しての問題があったかと思います。

キッズラインでは、面談、面接、紹介の方法を正しく行うことで、リスクを減らし、保護者が安心して利用出来るように取り組んでいます。
また保険にも対応しているというメリットがあります。

サポーターは資格保有が必須ではないようですが、何かと話題に上がる潜在保育士の活躍の場として広がっていけば、さらに保護者は保育士資格保有者が多いということで安心して利用できるようになりますね。
保育園の現場は、時間的な拘束が問題で結婚などを機に続けれられなくなる方が多いので、時間に拘束されること無く保育が出来るのは潜在保育士にとってもメリットがあるように思います。


キッズラインが広がれば、保護者が預け先に困るケースが減らせることは勿論、
サポーターとして活躍する方々が、お子様が大きくなったなどで、数年後に働ける時間が確保出来た際には、再度保育園の現場に戻り、
結果として保育士不足の解消や待機児童の問題の解消につながれば、弊社のサービス市場が広がるという面も含めてメリットがあるのではないかと思っていますが、潜在保育士の方が抱えるお悩みの中には、ブランクを心配される方も多いので、キッズラインの中で短い時間であったとしても、仕事として保育に関わっていたことで戻りやすくなる可能性はあると思います。

保育士資格保有者の層

弊社が人材紹介を行う上で、ターゲット層になる保育士資格保有者は、基本的には正職員として現場で働ける方、もしくは非常勤勤務であったとしても、比較的長時間働ける層となります。
ですので、仕事を探している保育士資格保有者という点では、ターゲットが競合しますが、短時間勤務層がターゲットとなるキッズラインとは、層が違うため競合することが少なく、サービスがうまくリンクさせることが出来れば、保育士さんにとっても、保護者にとっても、我々サービス提供者にとっても、メリットがある仕組みが作っていけるかもしれないですね。

ということで、弊社が運営している保育士転職サイト「保育LIFE」でも積極的に紹介していこうと思います。
潜在保育士の方たちはぜひぜひ問い合わせを。

-------------------------------------------------------------

潜在保育士の方たちは以下のかんたん登録からお気軽に問い合わせを!